一般社団法人 大阪倶楽部

定例午餐会

第3252回9月16日(水)
講演12時30分

米中対立下の中国、そして日中関係

東京大学大学院総合文化研究科教授
川島 真 氏

1968年東京生まれ、92年東京外国語大学外国語学部中国語学科卒業、94年東京大学大学院人文科学研究科東洋史学科修士課程修了、98年北海道大学法学部助教授、00年博士学位(文学)取得、06年東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻・准教授、15年東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻・教授。その他の活動として国際日本文化研究センター客員助教授、世界平和研究所上席研究員等、多数の役職を歴任。著書は「中国近代外交史」「近代国家への模索」「中国のフロンティアー揺れ動く境界から考える」等多数。米中の対立が激化する中で、日中関係が今後どのように変化していくのかを読み解く。