定例午餐会

04月12日(水) 第3091回 東京大学名誉教授 伊藤 元重 氏

第3091回4月12日(水)午餐11時00分 講演12時30分

“トランプ政権後の内外経済”

東京大学名誉教授 学習院大学国際社会科学部教授伊藤 元重 氏

1951年静岡県生れ、74年東京大学経済学部卒業、78年米ロチェスター大学大学院経済学部博士課程修了、79年経済学博士号取得、93年東京大学経済学部教授、96年同大学大学院経済学研究科教授、16年より現職。経済財政諮問会議議員など政府の委員会等の要職を務める。著書に「経済大変動」「どうなる世界経済」等多数。 トランプ政権の登場によって内外経済の流れは大きく変わりつつある。ドル高(円安)や株高のトレンドは続くのか。日米経済協議はどのような流れとなるのか。トランプ政権の保護主義的な姿勢は日本にどのような影響を及ぼすのか。欧州の政治の動きの影響はどうなるのか。中国経済の足元の状況は。こうした流れを分析しながら、日本経済の進むべき道についてお話ししたい。

ページの先頭へ