定例午餐会

05月17日(水) 第3095回 MP人間科学研究所 代表 榎本 博明 氏

第3095回5月17日(水)午餐11時00分 講演12時30分

“「ほめて育てる」の失敗-ほんとうのやさしさとは”

MP人間科学研究所 代表榎本 博明 氏

1955年東京生れ、79年東京大学教育学部教育心理学科卒業、東芝市場調査課勤務の後、83年東京都立大学大学院心理学専攻博士課程中退(心理学博士)。97年大阪大学大学院助教授等を経て、03年名城大学人間学部教授、10年MP人間科学研究所代表。著書に「ほめると子どもはダメになる」「『やさしさ』過剰社会」等多数。「ほめて育てる」という考え方が教育や子育ての場に取り入れられて20年以上が経過した。 だが、それによってどうなったか。傷つきやすい、頑張れない、心が折れる、そんな若者が増え、教育現場も企業も鍛えることができず困っている。子どもや若者に対する「ほんとうのやさしさ」について考え直すときが来ているのではないか。

ページの先頭へ