定例午餐会

10月18日(水) 第3116回 漫画家 弘兼 憲史 氏

第3116回10月18日(水)午餐11時00分 講演12時30分

“高齢化社会と団塊世代”

漫画家弘兼 憲史 氏

1947年山口県生れ、早稲田大学法学部卒業後、松下電器産業(株)(現パナソニック)に入社、73年漫画家を目指して退社、74年「風薫る」で漫画家デビュー。「人間交差点」で小学館漫画賞、「課長島耕作」で講談社漫画賞、「黄昏流星群」で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、日本漫画家協会賞大賞を受賞、07年紫綬褒章受章。連載マンガ「会長島耕作」「学生島耕作」等の他、ラジオでもパーソナリティーとして活躍。著書に「弘兼流 60歳からの手ぶら人生」等多数。70歳になった自身を含め、団塊の世代が消費やボランティア活動等これからすべきこと、そして近づく「最後のとき」を控え在宅死問題や延命治療の是非、安楽死の是非等について所感をお話しする。

ページの先頭へ