定例午餐会

2月07日(水) 第3129回 大阪大学大学院医学系研究科教授 澤 芳樹 氏

第3129回2月7日(水)午餐11時00分 講演12時30分

“心筋再生治療の現状と展望”

大阪大学大学院医学系研究科心臓血管外科教授澤 芳樹 氏

1955年大阪生れ、80年大阪大学医学部卒業、同大学医学部第一外科入局、89年フンボルト財団奨学生としてドイツMax-Planck研究所心臓生理学部門、心臓外科部門に留学、06年大阪大学大学院医学系研究科心臓血管外科主任教授、同大学医学部付属病院未来医療センター長、同臨床医工学融合研究教育センター長、15~17年同大学大学院医学系研究科長、医学部長を歴任、現在に至る。15年日本再生医療学会理事長。09年文部科学大臣科学技術賞、15年日本再生医療学会賞受賞。循環器医療の進歩にかかわらず、重症心不全に対する治療体系は未だ確立されていない。我々は、心臓移植、人工心臓そして再生医療の発展と普及にむけて種々の研究及び臨床を推進し、あらゆる重症心不全患者に応じた普遍的な治療法を確立してきた。現在は細胞を使って心機能を改善しうる心筋再生治療法を確立しつつあり、将来の展開が期待される。

ページの先頭へ