定例午餐会

6月27日(水) 第3148回 経済産業省政策企画委員 須賀 千鶴 氏

第3148回6月27日(水)午餐11時00分 講演12時30分

“「立ちすくむ国家、不安な個人」と我が国の政策立案の現状”

経済産業省 商務サービスグループ政策企画委員須賀 千鶴 氏

2003年東京大学法学部卒業、経済産業省入省、04年資源エネルギー庁長官官房総合政策課、省エネルギー対策課、国際課(気候変動、資源外交)、09年米国ペンシルバニア大学ウォートン校経営学修士(MBA)、貿易経済協力局貿易振興課(国際租税)、11年商務情報政策局メディア・コンテンツ課(クールジャパン)、15年経済産業政策局産業資金課・新規産業室・企業会計室(コーポレートガバナンス、FinTech、ベンチャー)、大臣官房政策審議室(次官・若手プロジェクト)、17年商務・サービスグループ政策企画委員。
著作に「不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~」等。提言にあわせて新設された部局で教育改革等に携わるほか、第四次産業革命時代のイノベーションと法・社会のあり方を検討中。溢れる情報、技術や価値観のめまぐるしい変化、多くの個人が日本の「見えない将来」を不安視している。「居場所のない定年後」「望んだものと違う人生の終末」「母子家庭の貧困」「非正規雇用・教育格差と貧困の連鎖」「活躍の場がない若者」これらの課題に対して国は反転攻勢に出られるのか、アクティブシニアである皆様と共に考えます。           

ページの先頭へ