定例午餐会

7月25日(水) 第3152回 宮内庁参与 元侍従長 渡邉 允 氏

第3152回7月25日(水)午餐11時00分 講演12時30分

“天皇皇后両陛下にお仕えして”

宮内庁参与 元侍従長渡邉 允 氏

1936年東京生れ、59年東京大学法学部卒業、外務省入省、88年駐ヨルダン大使、89年中近東アフリカ局長、93年儀典長、95年宮内庁入庁、式部官長、96年12月~07年6月侍従長。侍従職御用掛を経て現在宮内庁参与。天皇皇后両陛下の外国御訪問に三度の随行。著書に「天皇家の執事 侍従長の十年半」「平成の皇室 両陛下にお仕えして」等多数。曾祖父渡邉千秋氏は第5代宮内大臣、父渡邉昭氏は昭和天皇のご学友であった。来春、天皇陛下が御退位され、皇太子殿下が新天皇に御即位されるが、天皇皇后両陛下のお側で10年半侍従長としてお仕えしてきた日々についてお話ししたい。
           

ページの先頭へ