定例午餐会

10月17日(水) 第3163回 双日総合研究所チーフエコノミスト  吉崎 達彦 氏

第3163回10月17日(水)午餐11時00分 講演12時30分

“中間選挙と米国情勢の行方”

双日総合研究所チーフエコノミスト
吉崎 達彦 氏

1960年富山市生れ、84年一橋大学社会学部卒業、日商岩井(現双日)入社、91年米国ブルッキングス研究所客員研究員、経済同友会代表幹事秘書・調査役、日商岩井総合研究所調査グループ主任エコノミスト等を経て04年現職に就任。ホームページ「溜池通信」を主宰。著書に「気づいたら先頭に立っていた日本経済」「アメリカの論理」等多数。11月6日に控えた米国中間選挙はトランプ政権にとっての重大な審判となる。選挙の行方と国際情勢、世界経済への影響を読み解く。             (15.11.11)

ページの先頭へ