定例午餐会

02月13日(水) 第3177回 前特命全権大使  馬渕 睦夫 氏

第3177回2月13日(水)午餐11時00分 講演12時30分

“メディアが報じない世界の真実
-激動の2019年をどう生き延びるか-”

前 特命全権大使(駐キューバ及び駐ウクライナ兼モルドバ)
馬渕 睦夫 氏

1946年京都府生れ、京都大学法学部在籍中に外務公務員採用上級試験に合格、68年外務省に入省、71年研修先の英国ケンブリッジ大学経済学部を卒業、00年駐キューバ大使、05年駐ウクライナ兼モルドバ大使、08年外務省退官、防衛大学校教授、11年同大学退職。著書に「2019年世界の真実」等多数。メディアの報道では世界で何が起こっているか決して見えてこない。トランプ大統領出現はこれまでの世界秩序を根底から覆す革命である。ロシアゲートはトランプ追い落としを狙う旧勢力の執拗な抵抗の象徴である。トランプ革命を軸に急展開する世界情勢を読み解く。

ページの先頭へ