定例午餐会

03月06日(水) 第3180回 日本平和学研究所理事長  小川 榮太郎 氏

第3180回3月 6日(水)午餐11時00分 講演12時30分

“安倍政権の闘いの厳しさ-日本国民が知るべき論点”

文芸評論家 日本平和学研究所理事長小川 榮太郞 氏

1967年東京都生れ、大阪大学文学部卒業、埼玉大学大学院修士課程修了。15年日本平和学研究所理事長、拓殖大学非常勤客員教授。17年正論新風賞受賞。著書に「約束の日 安倍晋三試論」「天皇の平和 九条の平和-安倍時代の論点」「宣戦布告」「民主主義の敵」等多数。安倍政権は森友加計事件というマスコミが主導した倒閣運動も無事乗り越え、史上最長政権へと実績を積み上げつつある。しかし、国内外ともに日本は存亡の危機にある。内政では人口激減社会が到来したが、対処は全くできていない。外交ではアメリカの不安定化、中国の情報・軍事侵略、朝鮮半島での北主導での統一の可能性など激動が続く。安倍政権の困難な闘い、国民のなすべき自覚を論じたい。

ページの先頭へ