定例午餐会

04月03日(水) 第3184回 政策研究大学院大学教授  大田 弘子 氏

第3184回4月 3日(水)午餐11時00分 講演12時30分

“これからの日本経済~大転換期をどう乗り切るか~”

政策研究大学院大学教授 元経済財政政策担当大臣大田 弘子 氏

1976年一橋大学社会学部卒業、(財)生命保険文化センター研究員、大阪大学経済学部客員助教授、埼玉大学大学院政策科学研究科助教授等を経て、97年政策研究大学院大学助教授、01年同大学教授。02~05年内閣府参事官、大臣官房審議官、政策統括官を歴任、06~08年安倍、福田両内閣で経済財政政策担当大臣、08年同大学に復帰、09~11年同大学副学長。16年内閣府規制改革推進会議議長。著書に「改革逆走」「TPPで拓く日本経済」等多数。平成の経済を振り返ると、いま3度目の大転換期を迎えている。アベノミクスで再生に向けて歩み始めた日本経済や企業が、一段の飛躍をするために取り組むべき課題を考える。また規制改革の例を通して、何が変革を阻んでいるのかを述べる。
(講師からの要請により倶楽部だよりへの講演会要旨の掲載はございませんのでご了承下さい)  (13.04.10)

ページの先頭へ