定例午餐会

05月15日(水) 第3189回 京都大学名誉教授  野本 慎一 氏

第3189回5月 15日(水)午餐11時00分 講演12時30分

“90歳、これでめでたい!-超高齢社会の医療・介護-”

京都大学名誉教授野本 慎一 氏

1949年愛媛県生れ、76年京都大学医学部卒業、同大学医学部付属病院勤務、その後健康保険滋賀病院、静岡県立こども病院、京都大学医学部心臓血管外科やフランスでの臨床留学等を経て92年京都大学医学部心臓血管外科講師、98年大津赤十字病院心臓血管外科部長、01年兵庫県立尼崎病院心臓血管外科部長、06年京都大学医学部保健学科教授、15年京都工芸繊維大学特任教授、京都大学名誉教授、滋賀県立リハビリテーションセンター所長、18年同センター所長退任。人生100年時代を迎えて、高齢者医療の現状を踏まえ、我が国の国民皆保険制度の優位性とその裏にある問題点や、医療職に限らず在宅で医療介護を受けている療養者およびその家族等が情報発信および情報共有できるシステムの必要性を私の経験を交えて紹介し、めでたく90歳を迎えることができる方策を考える。

ページの先頭へ