定例午餐会

05月22日(水) 第3190回 日本総研チェアマン・エメリタス  高橋 進 氏

第3190回5月22日(水)午餐11時00分 講演12時30分

“構造変化する世界経済と日本経済の活路”

日本総合研究所チェアマン・エメリタス(名誉理事長)高橋 進 氏

1953年生れ、76年一橋大学経済学部卒業、住友銀行(現三井住友銀行)入行、90年日本総合研究所調査部主任研究員、96年同調査部長、チーフエコノミスト、04年同理事、05年内閣府政策統括官(経済財政分析担当)、07年日本総合研究所副理事長、11年同理事長、18年同チェアマン・エメリタス(名誉理事長)。内閣府経済財政諮問会議議員、内閣官房一億総活躍国民会議議員、内閣官房働き方改革実現会議議員、内閣官房人生100年時代構想会議議員等歴任、現在内閣府パラダイムシフトと日本のシナリオ懇談会メンバー。著書に「ワールドビジネスサテライト 再生ニッポン」等多数。構造的な米中摩擦、行方定まらないBREXIT、膨張するGAFAなど、世界経済の行方が混沌とする中で、日本は消費税増税やポスト五輪の需要、財政の崖を乗り越え、どのように少子高齢化など国内問題を克服し、成長力を高めていけばいいのか、今後の政策のあり方を考える。(09.02.25)

ページの先頭へ