定例午餐会

07月17日(水) 第3198回 東北大学加齢医学研究所所長  川島 隆太 氏

第3192回7月17日(水)午餐11時00分 講演12時30分

“スマート・エイジング~認知症の予防法~”

東北大学加齢医学研究所所長川島 隆太 氏

1959年千葉県生れ、85年東北大学医学部卒業、89年同大学大学院医学研究科修了(医学博士)、91年スウェーデン王国カロリンスカ研究所客員研究員、93年東北大学加齢医学研究所助手、98年同講師、01年同大学未来科学技術共同研究センター教授、06年同大学加齢医学研究所教授、14年同所長。17年同大学スマート・エイジング学際重点研究センター長兼務。08年平成20年度「情報通信月間」総務大臣表彰、09年平成21年度科学技術分野の文部科学大臣表彰「科学技術賞」、井上春成賞、13年河北文化賞等受賞。著書に「めざすは認知症ゼロ社会!スマートエイジング-華麗なる加齢を遂げるには-」「スマホが学力を破壊する」「さらば脳ブーム」等多数。超高齢社会においても、個人や社会が活力を維持するためには、運動・食事などの生活習慣の見直しに加えて、脳を毎日の生活の中で刺激し続けることが必要だ。本講演では最新の脳科学・認知科学の知見に基づいた脳機能を維持・向上させるための方法について解説する。

ページの先頭へ