定例午餐会

01月22日(水) 第3221回 学校法人辻料理学館理事長   辻 芳樹 氏

第3221回1月22日(水)午餐11時00分 講演12時30分

“日本の食の魅力や外交舞台での食の役割について”

学校法人辻料理学館理事長
            辻調理師専門学校校長、辻調グループ代表
辻 芳樹 氏

1964年大阪生れ、英国留学後、93年父辻静雄氏の後を継ぎ現職に就任、00年九州・沖縄サミットでは首脳晩餐会の料理監修、04年内閣官房知的財産戦略本部コンテンツ専門調査委員、19年G20大阪サミットでは首脳夕食会のエグゼクティヴプロデューサーを務めた。18年フランスと日本の料理の架け橋となったことが評価され、フランス国家功労勲章「シュヴァリエ」を受章。著書に「すごい!日本の食の底力」「和食の知られざる世界」等多数。日本の食の歴史について、またG20大阪サミットを振り返り、国際的な催事や会議において、食が果たす役割とは何か、今日の日本が抱える食の課題とは何か、そして今回の経験から大阪関西万博に向けて何を糧とするべきか。今後、国際的な場における日本の対応について食の観点からお話しする。    ※「辻」は一点しんにょうが正式な表記となります。

ページの先頭へ