一般社団法人 大阪倶楽部

定例午餐会

第3295回9月8日(水)
講演12時30分

渋沢栄一の遺したもの

作家大正大学表現学部・種智院大学人文学部客員教授
井沢 元彦 氏

1954年名古屋市生まれ、77年早稲田大学法学部卒業、TBS入社後報道局放送記者時代に「猿丸幻視行」で第26回江戸川乱歩賞受賞。85年TBSを退社し作家活動に専念、歴史推理・ノンフィクションに独自の世界を開拓、著書には「逆説の日本史1~25」「言葉」「天皇になろうとした将軍」等多数。また、YouTubeでは「井沢元彦の逆説チャンネル」で常に新しい情報発信を行っている。渋沢栄一は「日本資本主義の父」と呼ばれるが、それは具体的にどういうことなのか。広い視点で説明する。