一般社団法人 大阪倶楽部

定例午餐会

第3137回4月11日(水)
午餐11時00分 講演12時30分

日本の安全保障〜どんな驚異から、どう守るのか?

軍事ジャーナリスト
黒井 文太郎 氏

1963年福島県生れ、横浜市立大学卒業後、講談社入社。週刊誌編集者を経て退職。国際紛争専門のフリー記者に、月刊「軍事研究」記者、「ワールド・インテリジェンス」編集長などを経て軍事ジャーナリストに。ニューヨーク、モスクワ、カイロを拠点に海外取材、イスラム・テロ研究は20年に及ぶ。著書に「北朝鮮に備える軍事学」「イスラム国『世界同時テロ』」等多数。北朝鮮の核ミサイル、中国による尖閣海域侵入、イスラム過激派のテロ、サイバー攻撃・・・報道ではいずれも脅威が叫ばれているが、実際のところはどうなのか?いま現在、そして将来において、日本はどのような脅威に晒されるのかを具体的に解説し、それらから日本を守るためには何が必要かを考える。