一般社団法人 大阪倶楽部

定例午餐会

第3258回10月28日(水)
講演12時30分

仕掛学:人を動かすアイデアのつくり方

大阪大学大学院経済学研究科教授
松村 真宏 氏

1975年大阪府生れ、98年大阪大学基礎工学部卒業、00年同大学大学院基礎工学研究科修了、03年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了、博士(工学)、04年大阪大学大学院経済学研究科講師、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校客員研究員、07年大阪大学大学院経済学研究科准教授、12~13年スタンフォード大学客員研究員、17年現職。研究テーマは仕掛学、仕掛けの研究・社会実装・普及に取り組む。著書に「しかけは世界を変える‼」「人を動かす『仕掛け』」「仕掛学」等多数。本講演では仕掛学という学問について紹介する。仕掛学では、人の行動を変化させる“きっかけ”になるものを“仕掛け”と呼んでいる。仕掛学の事例紹介、仕掛学の考え方、仕掛学の周辺領域等、仕掛学にまつわるアレコレについて幅広く紹介する。