一般社団法人 大阪倶楽部

定例午餐会

第3266回1月13日(水)
講演12時30分

新しい年の世界と日本

産経新聞ワシントン駐在客員特派員
古森 義久 氏

1941年東京都生まれ。63年慶應義塾大学経済学部卒業、毎日新聞入社。ワシントン大学留学、毎日新聞ベトナム特派員、ワシントン特派員、政治部編集委員を経て、87年産経新聞社入社。ロンドン支局長、中国総局長などを歴任し、2001年ワシントン駐在編集特別委員、13年より現職。日本新聞協会賞、日本記者クラブ賞、ボーン国際記者賞などを受賞。著書には「ベトナム報道1300日ーある社会の終焉」「国際潮流のつかみ方」「新型コロナウイルスが世界を滅ぼす」「崖っ淵に立つ日本の決断」等多数。アメリカの新政治情勢は日本を、そして中国をどう動かすのか。ワシントン駐在の国際ジャーナリストが最新状況を報告する。