一般社団法人 大阪倶楽部

定例午餐会

第3291回8月4日(水)
講演12時30分

少子化はなぜ起こるか?と人新世の時代

総合研究大学院大学学長
長谷川眞理子 氏

76年東京大学理学部生物学科卒業。83年同大学大学院理学系研究科人類学専攻単位取得退学、80年国際協力事業団派遣専門家としてタンザニア共和国野生動物局勤務、83年東京大学理学部生物学科助手、86年東京大学より理学博士号を取得。92年イェール大学人類学部客員准教授、96年専修大学法学部教授、2000年早稲田大学政治経済学部教授を経て、06年より総合研究大学院大学先導科学研究科教授。同大学理事・副学長を経て17年より現職。07年より国家公安委員会委員に就任。専門は自然人類学で著書には、「野生ニホンザルの育児行動」「ダーウィンの足跡を訪ねて」「未来へつづく進化論」等多数あり。ヒトは進化の産物であり、現在大きな問題となっている少子化の状況を進化的に解明することに加え、地球環境を激変させている人類の行く末についても考察する。