一般社団法人 大阪倶楽部

定例午餐会

第3275回4月7日(水)
講演12時30分

ダム再生の時代-永く、賢く、増やして使う-

京都大学防災研究所水資源環境研究センター 教授
角 哲也 氏

1983年京都大学工学部土木工学科卒業、85年同大学大学院工学研究科修士課程修了。同年建設省土木研究所ダム水工研究室研究員、92年同省近畿地方建設局河川部建設専門官、92年9月~93年2月人事院短期在外研究員としてスイス連邦工科大学水理・水文・氷河学研究所に派遣、93年外務省経済協力局無償資金協力課課長補佐、95年建設省土木研究所水工水資源研究室主任研究員、98年京都大学大学院工学研究科土木工学専攻助教授、2006年京都大学経営管理大学院准教授、09年より同大学防災研究所水資源環境研究
センター教授、20年よりダム工学会副会長を兼務。著書に「ダムの科学」「今こそ問う水力発電所の価値」等多数。豪雨災害の激甚化が顕著になった近年、ダムに求められている課題、新しい「ダム再生」の取組について説明する。